investmentWork

家賃のメリット

日本の戦後の復興と高度成長の為の国策の一つで、

マイホームを持つ事が「立派な事」だとか、マイホームを持つ事が「一人前」とかの考えに、なんの疑問も持たず、「皆んながそうだから、私だけ違うと…、世間体もあって」、夢のマイホームを35年ローンで購入。

「いやぁ〜素敵なお家ですねぇ〜」「その若さでマイホームとは立派ですね」「羨ましいわ、旦那さん凄いですねぇ」という言葉での「優越感」と引き換えに、35年間、可処分所得から定額をキッチリ搾り取られ、子供の学区はいまひとつ、通勤、通学もいまひとつ、人と会うにも街の中心地までは、ちと遠く、人脈も決まってくることになる。

国は、高い税金を徴収し、そこそこの金利で長期にわたって貸し出し、債務者の可処分所得の中から更に金利として徴収する。その税金が再分配される事は期待できない。

しかし、賃貸であれば、子育てには、子育てや教育に向いている場所を選び、子育て後は自身にあった場所を選ぶこともできます。

子供や家族の将来を見据えたお金の使い方を考えれば、賃貸は有利だと思います。

「同じお金を払って自分のモノにならないのならば、買った方がいい」と言うのは間違っていません。

これは「同じ場所、同じ間取り、同じ築年数…」の場合でして、

市内で人気の学区、駅にも近い賃貸マンション vs 市街化調整区域の最近開発が進んでいる、あまり人気のない学区の建売住宅

では、毎月のお値段が一緒でも「価値」が違いますよね。

遺産相続もあって、たいへん良い場所に、お父様が建ててくれましたという方は、時期になったら、人に貸した方が得か?・一生住んだ方が得か?を考えた方が良いと思うくらいに、運用目的でない不動産にメリットはないと思うんです。

賃貸には賃貸のメリットがあるので、そのメリットを生かす事ですよね。

Similar Posts