LifeWork

稼げる資格で給料アップ:スキルゲットで収入を得る方がお得では?

稼げる資格、例えば、宅地建物取引士、介護福祉士、ファイナンシャルプランナーなどの資格はこれからも必要とされる業種として注目されています。実際に資格をとってその資格を生かして活躍されている方も多い事が証明しています。プログラマーにおいては引き手あまたです。

 

 

しかし、途中でリタイアしてしまった方、資格をとったが活用されていない方もいらっしゃいます。その違いは、モチベーション管理スキルと、資格を生かす為のスキル(換金スキル)の有無だと思うのです。モチベーション管理スキルは、特にフリーランスの方にとって必須スキルですよね。

 

 

モチベーション管理スキルは自分自身で身につける

最近、アマチュアスポーツ界で指導者による体罰やパワハラ的な言動が問題になっています。基本的に「体罰は良くない」「恫喝はダメ!」という見解に対し、一部の指導者は、喝を入れる、選手のモチベーションを上げる為に、ザクッと言えば選手の為にやったのだと言う理屈で対抗されています。

 

 

「恫喝され」「体罰され」のスポ根指導ではモチベーションは変わりませんし、優勝するモチベーションの人は、スポ根指導をしなくても優勝しますし、そうでない方はスポ根指導したところで入賞しません。同じ様に会社でも、モチベーション管理スキルが無い方は「家族を◯すぞ!」と言われても数字は作れません。まぁモチベーション管理スキルがあれば、そんな会社サッサと辞めて転職してます。

 

formie

formie

 

資格を活用するスキル(換金スキル)

モチベーション管理スキルと同じ様に、資格を活用する為のスキルも必要です。例えばファイナンシャルプランナーの資格はあるのですが、「顧客がいない」「顧客が作れない」「顧客の評判が悪い」などとなっては、せっかくの資格は生かしきれません。幸いに人気の資格所持者は企業が有資格者を欲しがっていますので、食いっぱぐれはありません。

 

 

私的には、あまり資格というモノにこだわらず、まずは「モチベーション管理スキル」と「自分の能力を生かす為のスキル、成果を上げるスキル」を身につける事をお勧めします。

 

 

最近は、資格所持者よりも、実戦で活躍できる方が多く求めらています。プログラマーの方達の中には、プログラミングを独学で習得して、活躍なさっている方がかなりいらっしゃいますし、一緒に仕事していても楽しいと言うのが実感です。

 

Similar Posts