Life

ワンオペ育児中ってどうしたの?:二人でしないとマジ損しますょ

ワンオペで育児をして特をするのはシングルの方だけだと思うんです。ご夫婦の場合はお二人でやったほうが10年〜20年先を考えるとお得です。30年〜40年先を考えたら、奥様一人におんぶに抱っこでは奥様とお子様はメッチゃ幸せになり残された方は不幸になります。だって昭和のお父さん達を見てください、いま、子育てしなかった方のほとんどが悲惨でしょ?

 

昭和は終わった

昭和の高度経済成長時代の夫婦制度は役割分担制度で男性は外で働き、奥様は家を守る的な制度が当たり前の様になっていました。平成に入って、社会の変化、経済の変化から、男性も家事、育児を行うようになって、賢い方達はダブルインカムの夫婦共働きとなり、家事、育児、仕事を賢く分担しリッチな時間の共有をしています。

昭和の時代のビジネスマン、いまはお爺ちゃんですが、お孫さんをたいそう可愛がっておられます。昭和の時代、自分の子供は仕事があって、なかなかかまってやれなかった。いまは、多少余裕ができて、子供をかまっていると、カワイくてしょうがないそうです。しかしその裏には、自分の子育てへの罪滅ぼしもあるのです。あるお爺ちゃんは、ワシは「失敗した」「孫にはその罪滅ぼしじゃ」とつぶやいていました。お爺ちゃんが孫を必要以上に可愛がっているのには、そういった思いもあるようです。

 

オーストラリアでのお話

過渡期であった平成から新しい時代に入ろうとしている訳ですから、考え方もいろいろ変えていかなければなりません。私の友人のオーストラリア人が結婚する前に、お姑さんから、「私が亭主の教育の仕方を教えてあげるから安心なさい」と言われたそうです。オーストラリアではそうみたいです。自分の息子が良き夫となるように、奥様と母が協力し、一緒に教育していく訳です。母は息子に「男はタフでなければならない。しかし優しくなければ男である資格はない」を本気で叩き込んでいます。

 

家族が暮らす家にいて、玄関を綺麗にしたり、トイレを綺麗にしたり、洗面台を綺麗にしたり、いわゆる共有の場所を綺麗にすることは、家族みんなの気持ちを良くすることです。風水のDr◯◯さんもいってました。料理が出来なければ、洗い物をしたり、洗濯物を取り込んだり、たたんだりすることは、多少疲れてようとも、数分で出来る事です。タフで優しければいとも簡単に出来るはず、Cleverならば短時間で出来るはずです。私的には単純に、みんなが楽しいほうが幸せだと思うんです。

Similar Posts