NEWSOKINAWA

沖縄映画祭のつもりが補欠選挙

沖縄で第11回黒衣祭映画祭が行われ、19日〜21日の日程で顔を出して来ました。丁度その時に、沖縄3区衆議院補欠選挙が行われているということも、今回沖縄入りした理由です。今、勿体ない事に、辺野古の海に土砂が投入され、日本の宝を失ってしまおうとしている事は、私のような海好きの方達には結構重要な問題だと思うんです。沖縄の海は、ダイバーの様に、ボートで出れば、驚くほどキレイな海を見る事ができるのですが、ビーチの美しさもじゅうようです。

特に、ビーチは、手軽にきれいな海を体感できる場所だと思うんです。今はインスタ、tiktokなどで誰でも手軽にキレイな海でのショットをアップ出来るます。キレイな海で時間を過ごすことは気分転換、癒し、などなど、人間にとっても大切な場所だと思うんです。そんな場所を、地元の場所だけで無く、日本の国民の民意を無視して、強引に土砂を投入している状況は、決して良い状況であるとは思えないんです。

衆議院沖縄第3区補欠選挙 2019 4/20

そういう理由で、沖縄知事選、沖縄県民民意の投票、に続き3回目の民意を問う、衆議院沖縄第3区補欠選挙が気になり、現地に足を運んだ訳です。流石にこの結果次第では政府も一時的に土砂投入を止めるであろうと思い、反対派の立場で両候補の選挙活動を見たのです。現地では、応援者の数では「土砂の投入を肯定している側の候補」は倍以上、いや…3倍、もしかしたら4倍?…と思うくらい多かったです。

しかし結果は、ご存知の通り「美しい海を守る」側の候補の大勝利…です。政治というのは難しいモノだと思っています。よって民意を無視し、こん限りのお金を選挙につぎ込むような政治は簡単で誰でも出来るだろうが、決して長続きしないもなのだろうなぁと、沖縄で物凄く実感してしまった沖縄でした。

Similar Posts